トップ > 飲酒

飲酒

■飲酒

日中のストレスを解消するために…
夜、スムーズな寝付きのために…
飲酒の理由は様々です。
適度な飲酒は、健康管理の上でメリットも多いものですが、花粉症患者にとっては避けたい習慣なのです。

いちばんの理由は、アルコールを摂取することで、必要以上に血液の巡りが良くなってしまいます。鼻づまりが解消するように思えますが、実は鼻の傷ついた粘膜がうっ血しむくんでしまうため、余計に症状がひどくなってしまいます。
また、花粉症が原因となっている植物でできているアルコール、特にイネ科の麦できているビールは、素材によってアルコール反応が出る可能性があります。またビールは、アルコール類の中で最も体を冷やす飲み物です。アルコール摂取によって、血液の巡りが良くなるということと、逆の説明になりますが、適量を越えた飲酒によって「酔い」とは別に、体はどんどん冷えることになります。

アルコールの中には、体を温める効果のあるものもあります。
日本酒・ワインは適量ならば、健康効果のあるアルコール飲料です。
特に、赤ワインに含まれているポリフェノールには、活性酸素を取り除く効果があり、花粉症によいとさせています。

花粉症治療のために、薬を服用している場合、アルコール摂取との副作用が出ることがあります。
特に、抗ヒスタミン薬は、飲みあわせによって強い副作用が出ることがあるため、どうしても禁止ができない人は医師に相談しておきましょう。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト