トップ > 鼻うがいの方法

鼻うがいの方法

■鼻うがいの方法

手洗いや洗顔をするように、鼻腔の中を洗うことを「鼻うがい」「鼻洗浄」と言います。鼻の中を洗うと花粉が取れるので、その分症状は軽くなると考えられています。
しかし、かゆいからといって、体を洗うように綿棒やタオルなどで擦ることはおすすめできません。
粘膜を傷つけ、余計に花粉が付着しやすくなるし、感染症を引き起こす危険性もあります。できることならば、マスクなどを使用し、花粉を吸い込まないように予防することが大事です。
本格的に洗いたい場合は、耳鼻咽喉科などで処置を受ける方が安全です。
病院では、必要に応じて、鼻水の吸引、抗アレルギー薬やステロイド剤などを混ぜた薬の吸入、生理食塩水での鼻腔内の清浄を行います。

家庭でできる鼻うがいの方法を説明します。
くれぐれも粘膜を傷つけないよう、丁寧に行って下さい。

1・生理食塩水を用意します
お湯(37〜38度ぐらい)
1%分の塩(500ミリリットル当たり小さじ杯)

〈生理食塩水〉
体液・血液と浸透圧を等しく作った食塩水のこと。

2・鼻から吸い込みます
鼻の片方を指で抑え、もう片方の鼻から生理食塩水を吸い込みます。
「うがい」なので、喉の奥まで流さないように気を付けます。
あまり奥まで入れると、ツーンと痛いので、鼻毛を洗うぐらいのつもりで大丈夫。
そのまま鼻から出します。
片方の鼻につき、2〜3回行います。

鼻洗浄用のシャワー器具もありますが、スポイトなどでもOK。
わざわざ市販のもの用意しなくても、多少顔が濡れるのを覚悟で、コップやペットボトルでもできます。

生理食塩水のほかにも、効果があると言われている様々な液体があります。いずれも民間療法なので、その効果のほどは確立されたものではありません。あまり刺激が強いと、逆に鼻の粘膜が敏感になることもあるので、様子をうかがいながら試してみましょう。

・番茶に塩を混ぜる
・アロマオイルを生理食塩水に2〜3滴加える(ユーカリ、ペパーミントなど)
・ショウガ湯
・甜茶(てんちゃ)

〈甜茶〉
茶の木以外の木の葉から作られた甘いお茶の総称。薬草茶の一つで、花粉症に効果があると言われている。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト