トップ > 健康保険の適用

健康保険の適用

■健康保険の適用

漢方薬は、医療用漢方製剤や医療用漢方エキスなどで呼ばれており、一般的な西洋薬と同じように、健康保険の適用となります。
薬局などでみると漢方薬は高いというイメージもありますが、病院で使用される薬の場合、健康保険が適用されない高価なものが出されることはまずないので、一般的な薬と同程度と考えて大丈夫です。

日本では、西洋医学のほうが主流となっていますが、漢方薬を取り扱う医者も増えてきています。
しかし実際、漢方薬は組み合わせにより効果の出方が大きく変わってくるため、専門的な知識が必要です。
通常の病気の場合、患者は当面出ている症状が緩和すれば納得するので、西洋薬中心の医者も多いでしょう。
漢方薬を使うか使わないかは、医師個人の考え方と病院の治療方針にもよりますが、体質改善も含め体のいろいろの相談に乗ってくれる「町医者」的な治療されているところにいけば、処方しているところが多いでしょう。
西洋医学のほうが優れている、漢方は効き目が悪い、漢方のほうが体に優しい…などなど、薬に関してはいろいろな持論が展開されるところです。
しかし、正解はありません。どちらが主流かというよりも、よい部分を選ぶ、足りないところを補う、という考え方で、西洋薬と漢方薬を上手に取り入れることが早く健康になれる近道だと思うのです。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト