トップ > 花粉症の漢方的解釈

花粉症の漢方的解釈

■花粉症の漢方的解釈

漢方医学では、花粉症は「水毒」と分類されます。これは「水」の過剰な分泌、「水分」の分布異常が引き起こすものです。
さらに、水毒に関連して「気」が逆流する「気逆」によって呼吸器の異常も引き起こすと考えられています。

西洋医学と明らかに異なるところは、原因を「気」か「血」か「水」の三つの体系に分類してしまうところで、ひとつの病名をつけて特定の治療をするという方法ではありません。
例えば、西洋医学では、花粉症と食物アレルギーは、アレルゲンが違うため違う病気としてとらえます。対処薬や治療方法も異なります。漢方では、
どちらもまず最初に「水」の異常があり、それに関連して「気」の異常が引き起こされるということで、同じ不調ととらえられます。
水と気の不調は、やがて「血」の異常を伴ってくるので、つまりすべてをバランスよく整えることで体調を戻していこうとするものです。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト