トップ > 治療方法

治療方法

■治療方法

花粉症は、アレルゲンの侵入とともにどんどん症状が悪くなる病気なので、初期治療が肝心です。風邪などのウィルス性の病気だと、10日もすると自然治癒するのですが、アレルギー性の病気は我慢しているうちに症状が悪化して、悪化してから病院に行くと、症状がよくなるまでにかなりの量の薬と時間がかかります。我慢は大敵な病気なのです。
アレルギー疾患が国民病と言われるほど多くの人を悩ませるようになってから、「予防」についての関心が高まり、花粉の飛散予報に始まり、年々新しい予防グッズの発売など、自力で症状を軽くするための工夫もできるようになりました。
アレルギー性鼻炎の治療は、大きく四つに分類することができます。

1・補助的療法
花粉症の症状を直接解決するのではなく、補助的にできることです。
原因となるアレルゲンを回避する、
吸入(ネブライザー)、鼻汁吸引などの処置で症状を楽にする、
という2つの系統があります。

2・薬物療法
薬物を患者に投与して、症状の緩和、生活改善を目指す治療です。
現実に起こっている不快症状に対する対処薬がメインですが、
免疫反応をセーブして、アレルギーの発症をさせない薬(予防薬)と併用して治療を行います。

3・免疫療法
生体が元々もっている自然治癒力や、免疫力を利用した治療方法です。
花粉症では、アレルゲンを少しずつ体内に注射する「減感作療法」があります。

4・手術療法
炎症を起こす粘膜を切り取ってしまう根本治療です。
粘膜を取る手術と、粘膜が再生する骨ごと取ってしまう手術があります。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト