トップ > 車上あらしで自転車。そしてダイエット

車上あらしで自転車。そしてダイエット

"わたしはお腹がぷっくりと出た40歳のサラリーマン。
遺伝子をしっかり受け継いだわたしの骨格は骨太で、小さな頃から「痩せていた」という時期はない。
オトナになって仕事をするようになってから体重は安定したが、結婚を期にまた体重は増えていった。
右肩あがり更新中ということだ。
健康診断もいつの頃からか「要通院」といった結果が多くなったが、要するに成人病だった。
そんなわたしに転機が訪れたのは、自家用車が車上あらしにあってからだ。
車を持つことにそんなに拘らなかったわたしは、その盗難を期に車を売った。
そして、そのお金で向かったのは自転車屋だった。
自転車に興味があったわけではなく、単に「足」として欲しかっただけだ。
その時に購入したのはクロスバイクといって、マウンテンバイクとロードバイクの中間の自転車らしかった。

その自転車は自分の想像をまったく超えていた。
ママチャリとは全く違う景色がそこにはあった。ペダルをこぐと周りの景色が溶けていく様で、それは羽の様だった。
わたしは面白くなって、近所のコンビニから、通勤に至るまで、行ける所は全て自転車で行くようになった。
ある日、職場の女の子から「○○さん、痩せましたね」と言われた。え?
家に帰ってホコリのかぶった体重計に乗ってみると、なんと1ヶ月で7kgも減っていたのだ!
思えば、休みの時とか食べ歩きが趣味だったが、自転車に乗っていると走りながらアンパンを1,2個かじるだけ、
平日もチャリ通勤なのでお腹が空いた状態で家に帰って食事を摂っているので、食生活がまるっきりかわっていた。
これはうれしい!自分では特に何かを我慢しているつもりはないけど、きっちり体重が落ちている!
しもかそれを継続している間はリバウンドの心配もない・・・。
すばらしい!
偶然見つけたダイエット法であったが、現在では20kgの減量に成功している。
車上あらしの犯人に感謝すべきかな。

"

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト