トップ > アナフィラキーショック

アナフィラキーショック

■アナフィラキーショック

アレルギーのうちで、特に症状の激しいものを「アナフィラキー」といいます。じんましん・呼吸困難・下痢・低血圧などが起こり、短時間のうちに生命の危険をともなうほどの症状を、アナフィラキーショックといいます。蜂などの害虫による虫刺されやペニシリンなどの薬物によって起こるアナフィラキーショックが一般的なものですが、まれに花粉症で起きることもあります。
血圧が急激に低下する、呼吸困難が起こり、全身のかゆみやじんましんのような発疹がでることもあります。いつもと様子のちがうひどい症状が出たときには早急に病院にかかるようにしましょう。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト