トップ > スギ花粉症とその他の花粉症

スギ花粉症とその他の花粉症

■スギ花粉症とその他の花粉症

日本の花粉症のほとんどは、スギの花粉によるものです。

しかし、スギ花粉の飛散シーズンをすぎると、今度はヒノキの花粉症に悩まされる時期が訪れ、一年を通じて何らかの不快な症状が出ているという人も少なくありません。
花粉症は、その花粉に対するIgE抗体の許容範囲を超えたときに起こる症状なので、原因となる花粉によって反応するしないは個人差があります。
しかし、多種類の花粉症の合併、通年性アレルギー性鼻炎との合併が珍しくないのはなぜでしょう。

花粉症がでているとき、鼻の粘膜は炎症していて、健康なときよりも過敏に反応するようになっています。すると、別の物質が付着したときに、新たなIgE抗体をつくってしまうのです。
これを「感作」といいます。
新しいアレルゲンを吸入するたびに感作されると、別の花粉症をもってしまうことになるのです。
どれぐらいの抗体ができると発症に結びつくかは、個人差があるのですが、重症の花粉症がひとつあるということは、感作に結びつきやすく、一年の長い間を花粉症の不快な症状と付き合わなくてはなりません。
ですから、シーズンごとに症状が治まるまで確実に治療を終えてしまわなければならないのです。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト