トップ > 通年性と季節性

通年性と季節性

■通年性と季節性

アレルギー性鼻炎の中には、ハウスダストやダニなど、季節の関係のないものが原因となっている「通年性」のアレルギーと、花粉のようにはっきりと季節柄のでる「季節性」アレルギーがあります。

しかし、明らかな季節性アレルギー性鼻炎である花粉症の患者の中には、飛散シーズンを過ぎても症状が続く場合があります。
鼻粘膜の感受性は個人差が大きく、これが症状の出方を左右しています。反応の強い人は、微量の花粉でもキャッチするため、飛散シーズン目一杯症状が続き、長引いているように見えることがあります。これを「過敏性が高い」といいます。
また、花粉症患者には、通年性アレルギー性鼻炎が合併していることが多くあります。血液検査では、花粉よりもハウスダストやダニに対する数値が高いのに、「花粉」を「ハウスダスト」とみなして反応することもあります。このタイプも、過敏性が高いアレルギー性鼻炎患者であるといえます。

ちなみに、症状が重症化するのは、大量の花粉を一気に吸い込んだ場合も、少量の花粉を繰り返し吸い込んだ場合も同じです。体内の許容量を超えた時点でどちらも同じなのです。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト