トップ > 花粉症の飛散条件

花粉症の飛散条件

■花粉症の飛散条件

アレルゲンがはっきりしてる花粉症は、予防することが最も重要な解決方法です。
花粉の飛散は、植物の生育や気象条件などによって、予測を立てることができます。
特に、スギやヒノキなど、多くの罹患者がいるアレルギーは、天気予報といっしょに注意を促すことも一般的になってきました。
これは、日照条件や風向きなど、気象と深いかかわりがあるからです。

一般的に花粉の飛散量は、
「雨が降った翌日がよく晴れて、風が強い場合」に増加します。

雨降り→快晴→強風、という3段階の条件がそろう日なんて、そうそうないと思いたいのですが、実は春はこういう気象条件が非常に多い季節です。
逆に言うと、植物がより確実に繁殖するために、このような気象条件が整いやすい春に積極的に花粉を飛ばしたいのだと言えます。
風によって花粉は、30〜40キロ以上飛散します。
近くにスギ林がなくても花粉症発症するのは、目に見えない花粉の粒子が風に乗って届いているからなのです。

花粉の飛散方法には、風のほかに昆虫によって受粉するものがあります。
これを「虫媒花」といい、風が長距離運ぶのに対し、200メートルほどしか飛べません。
ですから、これらの植物による花粉症は、目に見えてる範囲で起こるものです。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト