トップ > 花粉症の3大症状

花粉症の3大症状

■花粉症の3大症状

花粉症の主な症状は、「水のような鼻汁」「くしゃみ」「鼻づまり」です。

ほかにも、肌のかゆみや湿疹、目の充血や異物感など多くの症状が寄せられるのですが、おもに鼻粘膜の異常事態を表す上の三つの症状が出ると、花粉症である疑いが強くなります。
「水のような鼻汁」「くしゃみ」「鼻づまり」という症状が出ると、ひとまず「アレルギー性鼻炎(鼻アレルギー)」という診断が下されます。
鼻粘膜の異常を起こすアレルゲンには花粉のほかに「ハウスダスト(空気中に舞っているホコリやチリ)」や「ダニの死骸」があります。
これらは季節に関係なく1年中存在するため、症状も1年中見られます。これを「通年性アレルギー性鼻炎」と言います。それぞれ、アレルゲンとしては別のものなのですが、同じような症状が出るため、アレルギーの抗体検査では「ハウスダスト・ダニ」としてひとくくりにされることが多いようです。
対して花粉症は、アレルゲンとなる花粉が飛散する時期だけに発症するものです。これを「季節性アレルギー性鼻炎」と言います。花粉症というと、スギかヒノキ花粉というイメージがありますよね。春先にその症状がひどくなるという人が大多数ですが、実は季節によってさまざまな植物が生育しており、通年性とでも言いたくなるほど一年を通して花粉症に悩まされる人もいます。
つまり、
アレルギー疾患>アレルギー性鼻炎>花粉症
というふうに分類されているのです。

アレルギー性鼻炎の3大症状は、他の病気にも見られます。体が異常事態を察知したときに、まず最初に発するシグナルなのです。
普通、鼻水やくしゃみが出始めると、風邪かな?と思いますよね。
長引く風邪が、アレルギー反応だったということもあるし、軽いアレルギーだと思っていたところ病気だったという可能性もあります。
ですから、自覚症状だけで判断するわけにはいきません。治療の方法も別なので、医師によって明確に他の病気との区別を行わなければならないのです。

〈アレルゲン〉
アレルギー起こす原因となる抗原のこと。

〈抗原〉
生体内に入ったときに、抗体をつくらせる原因となる物質のこと。一度抗体ができてしまうと、次に同じ物質が生体内に入ったとき、特異的に反応する。この反応もことをアレルギーという。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト