トップ > アレルギー

アレルギー

■アレルギー

アレルギーとは、体の免疫力が過剰に働きすぎて、炎症や痒みなど不快な症状がでてしまうことです。
体内では、異物が入ったとき、それが敵なのか味方なのかを判断します。

たとえば、転んですり傷ができると、転んだ場所の雑菌や空中の浮遊物などが傷口から体内に侵入しようとします。
これを防ぐために、血液中の白血球が傷口に集合し、異物(おもに細菌など病原体)を除去しようと頑張って働きます。
こうやって多少の傷を負ったとしても細菌に感染しないように、自分で防御する機能が備わっているのです。

これら異物のことを抗原(アレルゲン)、防御することを抗体反応といいます。免疫力という言い方も同じ意味です。
傷を負った時に、多少腫れるものの、かさぶたができて治っていくという抗体反応は「正常」の生体反応の模範例です。
抗原は、いろいろな場所から体内に侵入しようとします。
侵入する抗原の種類や、侵入された場所によっては、必要以上に戦いすぎてしまうときがあります。
たとえば、鼻の粘膜は敏感で、過剰反応しやすい場所です。
抗原が入ってきました。体内に入れないように粘膜を腫らすことで対処しました(抗体反応)。
しかし、抗原の量に対して反応の方が過剰に働きすぎ、抗原のない場所に移動しても、長い時間粘膜の腫れがおさまりません。
それどころか、鼻づまり鼻水などどんどん症状が悪化してきます。
これが、アレルギーの仕組みです。

アレルギーの特徴は、いちど抗体反応が過剰になってしまうと、次から体内に同じ抗原が入ってきたときに、わずかな量でも反応ししまうところにあります。

体に入る異物といえば、生きていくのに欠かせない「食べ物」がありますよね。
ほとんどの食べ物は、体にとって「必要」とものと判断され、消化・吸収・排除されていますが、
しかし中には、アレルゲンとなる食物もあります。
一般的にアレルギーを起こしやすい食べ物として、甲殻類(えび、カニ)、小麦(そば)、果物(ナッツ類)、魚類が挙げられます。
日本では、アレルギーを起こしやすい特定原材料として、加工品には素材名を表示しなければなりません。

何がアレルゲンなのかは、生体によってさまざまです。
食物以外にも、動物、大気汚染や化学物質、光など様々な原因があります。
食物以外のアレルゲンで、最も人々を悩ませているのが「花粉」です。

前の記事 | 次の記事

花粉症の基礎知識
花粉症の症状
花粉症の診断
西洋医学による治療
漢方医学による治療
花粉症の基本対策
身体のお話
健康美容情報
サイトについて
花粉症の参考サイト